最新の情報

移転のお知らせ

2017年5月29日をもって、 三軒茶屋での診療は終了させて頂きました。

2011年に開院してから6年間、 皆さまからのご愛顧に感謝を申し上げます。

 

たなうら治療院は、6月6日より、
武蔵野市吉祥寺へ移転し、新店舗にて診療を開始いたします。

移転先の詳細は、以下のページをご覧下さい。

治療院移転のお知らせ


 なお、既存の三軒茶屋院は、6月以降、新しい整体院としてスタートいたします。
院長の後輩が開院するこちらの整体院もどうぞよろしくお願いいたします。

ページの更新

たなうら治療院の理念

当院は吉祥寺の住宅街に佇む小さな治療院です。

当院には、高価な医療機器はありません。
時間制のコースや、多様な施術メニューもありません。

必要のないことはしない。必要のないものは使わない。

必要なことは、高い確率で、安全に、そして可能な限り短い期間で、健康なおからだを取り戻すこと。必要なものは、それを可能にする治療法と、治療家の「診立て力」と「技術力」。

当たなうら治療院では、この理念に基づいて施術を行っております。

いま、あなたを苦しめている症状。それは「ある原因」による身体の反応です。

肩が痛くて挙がらない、腰が痛くて曲げられない、脚が痺れて歩けない。

これらは全て、身体の反応=症状です。症状とは、結果です。

結果には、もちろん原因があります。

では、その原因はどこにあるのか?

  • 肩が挙がらない原因が、心臓にある。
  • 腰が曲がらない原因が、子宮にある。
  • 脚が痺れる原因が、腎臓にある。

これらは、日々の臨床で間々出会う症例です。

往々にして、結果と原因は同じ場所にはありません。

症状や病名で判断するのではなく、おからだ全身を一つのユニットとして捉え、その中からエラーを起こしている箇所(原因部位)を探し出し、正常な動きを取り戻すようアプローチをします。

原因が改善されれば、自ずと結果(症状)は変わります。

治療を行う上で最も大切なことは「何を」するかではなく、「どこに」するかという事です。

慢性的な痛みやしびれ、手や足のマヒ症状、内臓や自律神経系の不調、不妊症やアトピー、原因不明の難病疾患など、病院や他所の治療院で、いろいろな治療を受けても、症状の改善がみられなかった方

諦めるのは、まだ早過ぎます!

「もう治らない」そう思う方にこそ、当院の施術を受けていただきたい!

あなたが決めた限界は、あなたのカラダの限界ではありません。

お辛い症状の「本当の原因」を改善し、あなたのからだが、本来の機能を取り戻した時

「カラダってこんなに変わるんだ」

きっと、そう実感していただけるはずです。

院長からのご挨拶

私が治療家を志したのは、自身が難病を患ったことがきっかけです。私は高校3年生の秋に、潰瘍性大腸炎を発症し、それ以後生活は一変しました。

一向に改善しない症状を抱え、将来への夢も希望も描けない、暗く沈んだ毎日を送る中で、一筋の光を与えてくれたのが東洋医学でした。

入退院を繰り返しながら、それこそ死に物狂いで専門学校に通い、鍼灸師の免許を取得しました。

以後10年間、整形外科、接骨院、鍼灸院で、技術の習得と研鑽を重ね、2011年に当たなうら治療院を開院致しました。

当院では、開院当初より、高麗手指鍼という特殊なハリを使い、難治性疾患の改善に力を入れてきました。改善する方がいる一方、どうしても改善できない症例にもぶつかりました。

力及ばずで、悔しく申し訳ない思いを経験し、更なる成長と進化を求めて行動する中、出会ったのが、今の当院の治療の核となっている整体施術です。 圧倒的な手技力と、確固たる治療哲学を学んだことで、当院の治療成績は飛躍的に高まりました。

2016年から、新しいスタイルで治療に臨んでいる当院ですが、開院当初より抱いている思いは変わりません。

潰瘍性大腸炎をはじめ、不妊症やアトピー、精神疾患や子供の成長障害など、難治性の疾患を改善する。新生たなうら治療院の使命は「患者さまに希望と時間を与えること」です。

 

営業日時/ご予約・お問い合わせ

電話、もしくは下記「メールでのお問い合わせ」よりお問い合わせください。

施術中は電話に出られない場合がございます。その際にはお手数ですが、しばらく時間をおいて、再度おかけ直し頂きます様お願い致します。

電話番号
0422-27-1645
休診日:不定休(当院カレンダー参照)<完全予約制>
受付時間:10:00~20:00

◎毎週、日曜日は定休日となります。
◎完全予約制になります。
◎研修や院外での講師業務のため、臨時休診日がございます。詳細は営業日カレンダーをご確認ください。