最新の情報

ページの更新

たなうら治療院の理念

当院の理念は、ご縁を頂いた患者さんが、

「自分の人生をおもいっきり楽しみながら生きていくための、お手伝いをすること」
です。

当院では、お悩みの症状や病気を、「カラダからのサイン」として捉えています。また、同時に、お悩みの症状や病気は「ある原因に基づく結果」として捉えています。
カラダからのサインには、必ず意味があります。
そして「結果」には必ず「原因」があります。
いま悩んでいる痛みや不調、苦痛は結果です。それを起こす原因を明らかにし、そこに的確なアプローチを施すこと。

これが当院の治療です。

繰り返す腰痛、薬の効かない頭痛、原因不明の腹痛や下痢、長年苦しんでいる生理痛、改善しないアレルギー症状、生まれた時からの不調・・・・・

これら全ての症状(結果)には、全て意味があり、それぞれの原因があります。

そして、往々にして、症状の出ている部位と、その原因とは同じ場所にはありません。

例えば、
・腰痛の「本当の原因」が、内臓のズレにある。

・頭痛の「本当の原因」が、職場の人間関係にある。

・腹痛・下痢の「本当の原因」が、家庭環境にある。

・生理痛の「本当の原因」が、親子関係にある。

・アレルギーの「本当の原因」が、生活環境にある。

・生まれた時からの不調の「本当の原因」が、、、、

といった具合に、原因は様々です。

大切な事は、不調の出ている部位だけを見るのではなく、カラダを俯瞰して観ること。

筋肉・骨格・内臓・神経といった解剖生理学的な視点、経絡やツボ・気の流れ・陰陽や五行といった東洋医学的な視点、抱く感情や過去のトラウマ、思考の癖といった内面的な要因など、広く大きな視野で人間を捉えることで、結果を起こす「本当の原因」が見えてきます。

 

「本当の原因」を知ることは、「病気や症状の意味を知ること」にもつながります。

言い換えれば、意味を知って欲しくて、カラダはサイン(症状や病気)を出しています。

 

痛みや不調、病気は誰でも嫌です。

しかし、そこに何かの意味がある、カラダが何か教えようとしている。

そう捉えて向き合うと、痛みや不調、病気は必ずしも「悪」ではありません。

 

どんなに痛いと思うような出来ごとの中にも、必ず優しい意味があります。

 

カラダのサインを受け取り、病気や症状の意味を理解し、本当の原因がわかった時、いま出ている結果(症状)は大きく変わります。

そして、症状が改善するのにとどまらず、その先の暮らしが、人生が、大きく動き始めます。

 

※初めて当院をご利用なさる方は、コチラを必ずご覧ください。

当院では、いわゆるマッサージ等の施術は行っておりません。

 

院長からのご挨拶

私が治療家を志したのは、自身が難病を患ったことがきっかけです。私は高校3年生の秋に、潰瘍性大腸炎を発症し、それ以後生活は一変しました。

一向に改善しない症状を抱え、将来への夢も希望も描けない、暗く沈んだ毎日を送る中で、一筋の光を与えてくれたのが東洋医学でした。

入退院を繰り返しながら、それこそ死に物狂いで専門学校に通い、鍼灸師の免許を取得しました。

以後10年間、整形外科、接骨院、鍼灸院で、技術の習得と研鑽を重ね、2011年に当たなうら治療院を開院致しました。

当院では、開院当初より、高麗手指鍼という特殊なハリを使い、難治性疾患の改善に力を入れてきました。改善する方がいる一方、どうしても改善できない症例にもぶつかりました。

力及ばずで、悔しく申し訳ない思いを経験し、更なる成長と進化を求めて行動する中、出会ったのが、今の当院の治療の核となっている整体施術です。 圧倒的な手技力と、確固たる治療哲学を学んだことで、当院の治療成績は飛躍的に高まりました。

2016年から、新しいスタイルで治療に臨んでいる当院ですが、開院当初より抱いている思いは変わりません。

健康とは、人生において自由になること。

自由とは、自分の人生を生きること。

人生とは、「いま、ここ」を目一杯楽しむこと! 

当院では、この健康哲学を胸に、ご縁を頂いた患者さんが、痛みや苦しみから解放され、笑顔でハッピーな毎日を過ごせるお手伝いをさせて頂きます。

 

営業日時/ご予約・お問い合わせ

電話、もしくは下記「メールでのお問い合わせ」よりお問い合わせください。

施術中は電話に出られない場合がございます。その際にはお手数ですが、しばらく時間をおいて、再度おかけ直し頂きます様お願い致します。

電話番号
0422-27-1645
休診日:不定休(当院カレンダー参照)<完全予約制>
受付時間:10:00~20:00

◎完全予約制になります。
◎研修や院外での講師業務のため、休診日は不定休とさせて頂いております。詳細は営業日カレンダーをご確認ください。