患者様の声 (潰瘍性大腸炎)

当院をご利用された患者様よりお喜びの声を多数いただきました。

さまざまなお辛い症状が改善された方、ご利用者様からの紹介・口コミで評判を聞いてご来院された方、当サイトよりご来院くださいった方など、100件を超える体験談・感想をいただいております。

それぞれ症状別に掲載しておりますので是非ご覧ください。

 

アンケートにご協力頂きました患者様には、改めて御礼申し上げます。

※患者さまの個人情報となりますので、ご本人に承諾を得たうえで掲載させて頂いております。また、お名前に関しましては、各患者さまに任意にご記入頂いております。

10年前からの潰瘍性大腸炎。朝トイレに駆け込まない日は気持ちよく一日が始まります!

C.K 様 ( 30代・女性・主婦 )

私が潰瘍性大腸炎を発症したのは平成14年です。直腸炎型と診断されてから10年以上経過しますが、普段は薬を服用するだけで済んでいます。

しかし、仕事が忙しくなったり、生活が不規則になると、どうしても粘血便が出てしまいます。その時はペンタサ注腸を使い、状態が落ち着いたらやめるといった寛解と再燃の繰り返しでした。

今年の9月頃から、朝起きるとトイレに駆け込むといった様な落ち着かない状態がずっと続いていた時に、こちらの「たなうら治療院」のHPを見つけました。

はじめは戸惑いましたが、松坂先生にお会いし色々話しを聞いていただいた事で、初診の時から不安は無くなりました。

それからも、2回3回と回数を重ねても毎回丁寧に診察していただけることの安心と、日常生活のことなど色々とアドバイスもいただけるので、とても参考になります。

現在も治療途中ですが、朝トイレに駆け込むことがない日は気持ちよく一日が始まります。

一番は疲れやすかった体質が改善されてきたことで、仕事と家事の両立が以前よりもラクに出来るようになったと感じています。

松坂先生ありがとうございます。

院長から一言院長から一言

炎症範囲は狭いものの、寛解期をうまく持続させることができず、ご来院されました。

初診時にご主人と二人で、私の説明に熱心に耳を傾けてくださった姿が印象に残っています。

潰瘍性大腸炎患者で「朝のトイレ」に悩まされている方は多数いらっしゃいます。私もその一人でした。

トイレに駆け込む心配がなくなれば、QOL(生活の質)は大きく改善されます。

高麗手指鍼をもってすれば、トイレの心配は改善可能です。C・Kさんも生活が楽になったとのこと、大変嬉しく思います。これからも再燃させずに良い状態が維持できるよう、一緒に頑張りましょう!

院長から一言

難治性の潰瘍性大腸炎でも、根気よく治療を続けることで、少しずつ良くなります!

M.T 様 ( 30代・null・会社員 )

潰瘍性大腸炎を発症して約1年経過していた頃に、webでたなうら治療院を目にし、中国鍼を受けたことはありましたが、手のみにする鍼は受けたことがないので興味を持ち直ぐに予約しました。

院長自身もUC経験の話をしていただき、他の方ではなかなか理解しにくい症状もスムーズに話せるので、心強く感じました。手の鍼は無痛とはいきませんが、気になる程ではなく、すぐに慣れることができました。

私の症状は難治性の傾向が強く、鍼を受けた後は体調がよくなれども長続きせず、鍼の本数の増量やペース(治療頻度)を増やすなど対応いただきました。

薬の変更やプレドニンの追加等もありましたが、根気よく鍼を続けて行く中で、少しずつ症状も良くなっていき、今は急なトイレに悩まされることが無い程度になりました。

食事についてもほぼ制限なしで食べれるようになってきましたので、鍼のペースも少し減らしてみましたが、今の所順調です。

同じ症状で悩まれている方には、なるべく早期に試されてみるとよいと思います。その方がより効果を得やすいのではないかと。

慢性・難治であっても、根気よく続けることにより、少しずつ良くなりますので、今後も院長先生にはお世話になります。

院長から一言院長から一言

ご来院当初は症状も激しく、病院での治療も内服薬の変更・増量が行われ、ハリの治療も頻度を上げて取り組んだのですが、目覚ましい改善には至りませんでした。

当時は治療中止も選択肢のひとつとして、ご本人と話し合いをさせて頂いたのですが、M.Tさんより治療継続の御依頼を頂いたので、ハリ治療を続行させて頂きました。

まさに薄皮を一枚いちまい剥ぐが如く、ゆっくりと症状は軽減・改善されていきました。「M.Tさんの粘り勝ち」このひと言に尽きると思います。

辛い時期でも諦めず、信頼して治療を続けて頂けたこと、本当に嬉しく感じております。

院長から一言

潰瘍性大腸炎。日に5〜6回のお通じが1回になり、出血もなくなりました!

山本 様 ( 40代・null )

潰瘍性大腸炎と診断されたのは、今年の9月でした。ほぼ同時に、こちらのたなうら治療院を知りました。

1回目の治療の翌日から、お通じが1日1回になり、その効果にびっくりしました。(それまでは、1日5〜6回、出血もありました。)週に1回治療していただき、落ち着いた状態を保っています。

診断され、早い段階で「たなうら治療院」と出会えて、ラッキーだと思っています。

当初は漢方にも興味がありましたが、現在の効果に満足しておりますので、漢方は必要ないようです。長いお付き合いになると思いますので、これからもよろしくお願いします。

院長から一言院長から一言

病院で告げられた難病という言葉に、戸惑いと大きな不安を感じてらっしゃった山本さん。そんな中で、高麗手指鍼療法を選んで頂いたこと、大変嬉しく思います。

発症して間もない時期から治療が出来たので、早い段階から効果を感じて頂くことが出来ました。

潰瘍性大腸炎に完治はありませんが、症状の出ない調子の良い【寛解】の状態を保つことは可能です。今の良い状態を維持できるように一緒に頑張りましょう。

院長から一言

L-CAP、レミケの効かない潰瘍性大腸炎。腹痛、下血がおさまり、貧血症状もなくなりました!

川口 様 ( 40代・女性 )

私が潰瘍性大腸炎を発症したのは、平成18年です。初めは「薬さえ飲んでいれば大丈夫」と軽く考えていましたが、H21年春に悪化。この時は、プレドニンがおもしろいように効きました。翌年春に再び悪化した時には、プレドニンはさほど効かなくなっていました。L-CAP、レミケードと続けて取り組みましたが、思うような効果はなく、毎日ひどい腹痛、下痢、下血に悩まされました。

「薬が効かない」という不安な日を過ごしている時、主人が「たなうら治療院」のHPを見つけてくれました。私はすがるような思いでした。先生はご自分の体験から、食事のアドバイスなどをしてくださり、とても参考になり、安心感もありました。

現在、治療途中ですが、腹痛、下血はおさまり、下痢の症状も改善しています。確実に前に進めているという実感があり、前向きな気分です。なにより驚いたのは、高校時代から続いている貧血による症状(疲れやすい、体が重い、ふらつく等)が、治療初日から消えていった事です。

治療の度に、自分の体が軽くなっていくのが分かります。家事途中の「ひと休み」が少なくなりました。これからも、病気とうまく付き合いながらがんばっていこうと思っています。

院長から一言院長から一言

薬が効かない不安を抱えるなか、未体験の治療に挑んでくれた川口さん。

その勇気と決断力が今の良い状態に繋がっているのだと思います。お腹の症状だけでなく、おからだ全身をいい状態に整えられることが高麗手指鍼療法の強みです。

前向きな気持ちで寛解期をうまく維持できるようにケアしていきましょう。

院長から一言

潰瘍性大腸炎による関節痛もスッキリ消えました!

キクヤ ミカ 様 ( 30代・女性 )

2007年にUCを発症して以来、入院を必要とする様な活動期は無いものの、年に2〜3回(特に春先、夏〜秋etc季節の変わり目)は、この病特有の下痢、下血、貧血を伴う活動期があり、その都度大量ではないものの、ステロイド服用で寛解へ導いていく方法をとってきました。私の場合、関節痛の合併症にもいつも悩まされています。

日常生活に支障があり、また症状を早く回復させるのに、ステロイドは手っ取り早い薬ではありますが、この病と一生つき合っていく以上、出来ることなら体に負担のかかる薬は服用しないに越したことはない、と常日頃から感じ、また鍼治療には以前から関心がありました。

ですから、インターネット検索でこちらのたなうら治療院を見つけた時には、もう直観で「ここだ!」とピンときて扉をたたきました。

松坂さん自身がUCでとても辛い経験をし、同じ病の患者を治したい、と鍼灸師を志しただけあって、カウンセリングの丁寧さと、初回の鍼治療の夜から便が普通になったのが、多くを語る必要のない効果を実証していると思います。

情報も治療方法もあふれている社会、玉石混合の世の中だけに迷う方も多いと思いますが、私と同様に寛解期だけを持続させていきたいと切望する人には、是非ともダマされたと思って治療を受けてみて下さい!!!絶対に後悔はないですよ♥♥

ちなみに私の場合は、鎮痛剤を要した関節痛もスッキリ消えました。

院長から一言院長から一言

初回治療時から高麗手指鍼療法の効果が顕著に現れて、わたしも嬉しく思っています。

血液検査表でのCRP値の減少、プレドニン内服量の減量。ここまで経過順調ですね。この調子でステロイドに頼らずとも寛解期を維持できるカラダを手に入れましょう。

ちょうど季節の変わり目ですので、これまでのご経験から再燃の恐怖があるかと思います。しかし、いまは高麗手指鍼療法という強い味方が一緒ですので、ご安心ください。

院長から一言

潰瘍性大腸炎(左大腸型)。一回目の治療の翌日から、下血は止まり腹痛もおさまりました!

井上 恭子 様 ( 30代・女性 )

潰瘍性大腸炎の治療で高麗手指鍼を受けています。私は2年前に発病し、病院では左大腸型と診断されました。普段は薬を飲んで症状は落ち着いていますが、仕事が忙しくなったり、生活が不規則になったりすると、腹痛、下痢、下血がおきていました。

インターネットで高麗手指鍼とたなうら治療院のことを知り、松坂先生の治療を受けました。今日で3回目の治療になりますが、一回目の治療の翌日から、下血は止まり、腹痛もおさまりました。腰痛も楽になった気がします。こんなに早く効果が出たことに、とてもおどろいています。

聞いたことのない治療法で、最初は少し怖かったのですが、お話を伺うと先生も同じ潰瘍性大腸炎の患者だったということで、辛さを理解していただけるのでは・・・という思いと、丁寧で誠実な対応に安心して治療を受けることができました。

今までは、ただ痛みに堪えるだけだった私にとって、たなうら治療院はとても心強く頼りになる治療院です。これからもよろしくお願いします。

院長から一言院長から一言

潰瘍性大腸炎の辛さはわたしも我が身をもって経験してきました。

井上さんの症状と罹患歴であれば、高麗手指鍼療法で寛解期を維持していくことは十分に可能です。夏は偏食と疲労に十分気をつけて、再燃させないように気をつけましょうね。

院長から一言