患者様の声 (潰瘍性大腸炎)

当院をご利用された患者様よりお喜びの声を多数いただきました。

さまざまなお辛い症状が改善された方、ご利用者様からの紹介・口コミで評判を聞いてご来院された方、当サイトよりご来院くださいった方など、100件を超える体験談・感想をいただいております。

それぞれ症状別に掲載しておりますので是非ご覧ください。

 

アンケートにご協力頂きました患者様には、改めて御礼申し上げます。

※患者さまの個人情報となりますので、ご本人に承諾を得たうえで掲載させて頂いております。また、お名前に関しましては、各患者さまに任意にご記入頂いております。

妊娠を計画しているので、免疫調整剤は使いたくない!!これだっ!と思って始めたハリ治療で、罹患歴14年の潰瘍性大腸炎が寛解しました!!

渡邉 様 ( 30代・女性・会社員 )

潰瘍性大腸炎を発症して13年目の昨年、2回の入院をしました。

1回目の退院から半年後に、また再燃してしまい、ステロイド離脱後の寛解期が短かったため、主治医にイムランやレミケード、ヒュミラの追加を勧められました。

副作用が心配でしたし、これから妊活も考えていたので、できればやりたくないと思いました。でも、またすぐに再燃したらどうしよう・・・と不安でいっぱいでした。

そんな入院中、他に治療法はないのか調べていた時に、たなうら治療院のHPを見つけて、これだっ!と思い、すがる思いで予約を入れました。

先生ご自身が同じ病気であることもあり、安心して相談することができました。

ステロイドの副作用で、心身ともにボロボロだったのですが、鍼の治療に通い、先生とお話しすることで精神的な支えになっていました。

おかげさまで無事にステロイドを離脱でき、免疫抑制剤も使用せずに普通の生活を送れるようになりました。寛解維持のために、通いたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

院長から一言院長から一言

妊娠、出産を考えているご夫婦にとっては、ホルモン剤や免疫調整剤は、使わないに越したことはありません。

潰瘍性大腸炎の治療に、ハリを選択するメリットは、薬を使わずに症状を改善させるだけでなく、子宮環境を整え、妊娠、出産をしやすいカラダへ変えていくことができることです。

潰瘍性大腸炎の症状がコントロールできた今、寛解期を維持しながら、妊娠、出産へ向けて、おからだの状態を整えていきましょう。

院長から一言

潰瘍性大腸炎により、体重が14キロも減り、性格も暗くなりましたが、ハリ治療を20回続けた今では、再びアスリートとして活躍しています!!

伊澤 一希 様 ( 20代・男性・スポーツトレーナー )

2年半ほど前から、腹痛、下血、頻繁にトイレに駆け込まなければならない、などの症状に悩まされだしました。時間が経つにつれて、どんどんトイレの我慢がきかなくなり、外に出るのが億劫になりました。はじめにかかった病院で、内視鏡までやったのですが、ストレスと判断されたために、時間さえ経てば治るだろうと信じていました。

しかし、腹痛もどんどん強くなり、ある朝、痛みのあまりベッドから起き上がれなくなり、トイレにも連続して20回以上這って行くような状況になりました。もちろんそのまま入院ということになり、入院先の病院で潰瘍性大腸炎という国の特定疾患である難病と診断されました。

格闘家、スポーツトレーナーと両立をしていて、健康だと信じていたので、この宣告はとても辛く、精神的にもかなりまいってしまいました。

入院は絶食を中心としたものだったので、一ヶ月で14キロも痩せてしまいました。もちろん運動は何もできないのですが、気力が落ちて、本を読んだり、ゲームをしたりすることもできませんでした。その後、一年半は、ずっと性格の暗いまま過ごし、何回か入退院を繰り返しました。

そんなときに、たまたまインターネットで「たなうら治療院」のホームページを見つけました。一日に何度もスマートフォンで病気のことを調べるクセがついていたので、何かのキーワードにひっかかったのだと思います。

最初に見たときは、鍼灸で難病が治るのかと、あまり信じられなかったのですが、入院中に様々な治療を繰り返したが、一向に回復に向かわないので、藁をもすがる思いで通ってみる決心をしました。

治療はとても簡単なもので、一般に知られている鍼より敷居が低いものでした。神経にズンっと残るようなこともなく、ただ手の平にチクチクと刺していくだけ。痛みもほとんどありません。施術中は本当にこれで治るのかと何度も思いました。

ところが、施術が終わったその日、いつもなら一日に4,5回は行っていたトイレが2回になりました。毎日、毎日、1,2回はトイレに駆け込んでいたので、これはかなり嬉しい結果でした!!

その後、毎回行くたびに予約を取って、20回ほど通うと、ある時、ほとんど体の状態が病気前と同じになりました。今では、運動もかなり激しくやっていますし、食べ物もあまり気にせず食べています。

メンタル面もとても充実していて、晴れ晴れしています!!もちろん、だからといって、腸や身体に負担をかけて良いとは思っておらず、身体が治ったからこそ、さらに健康に気を使うようにして、今後もアスリートとして頑張っていければと思っています。

同じ病気で悩んでいる方は、一度試す価値はあると思います!!

院長から一言院長から一言

ご来院当初は、メンタル面においても、とても辛い状態だった伊澤さん。

潰瘍性大腸炎の症状が改善していくに連れて、お顔の表情も良くなり、会話の内容も前向きなものになっていきました。日々のトレーニングの成果と、今後の目標をイキイキと話すお姿を見て、わたしもとても嬉しく感じております。

経済用語で、ティッピングポイントという言葉がありますが、治療においても、同様の現象が間々起こります。ある一点で、スコン!と殻を破るように改善する瞬間があります。これはたまたま偶発的に起こるものではなく、それまでの小さな改善の積み重ねによって起こります。

日々の小さな改善に目を向けて、自分のからだを信じて頑張れるか。症状が改善するか否かは、ここに集約されるとわたしは思います。

院長から一言

罹患歴12年の潰瘍性大腸炎。出産を契機に増悪してしまいましたが、10回弱の治療で寛解しました!!授乳中でも安心して治療が受けられます!!

サクマ 様 ( 30代・女性・会社員 )

潰瘍性大腸炎になってから12年、寛解と再燃を繰り返してきました。

昨年12月に出産するまでは、3〜4年ほど寛解の状態でした。産後、一気に体調を崩し、ひどい時には、一日に10回程トイレに駆け込むようになってしまいました。授乳中にトイレに立つのも、我が子に申し訳なく、情けなくなりました。

授乳中のため、以前飲んでいた漢方も飲めず、ずっと気になっていた鍼の治療院を探し始めて、たどり着きました。5〜6年前にも検索してみましたが、その時は気になる治療院もみつからず、鍼のことは忘れてしまいました。

今回、通える範囲内で、先生本人が同じ病気ということで、とても縁を感じ、行ってみることにしました。

初めての鍼の翌日、早速効果が出ました。ずっと下痢が続いていたのに、翌日は何となく形のるある便が出て、回数も5〜6回に減りました。とても感動したのを覚えています。

その後、だんだん回数も増えてしまいましたが、週に一度、鍼に行く度に、トイレの回数は減っていき、形ある便が出る回数も増えてきました。

6〜7回通ったところで、だいぶ安定し、落ち着きました。今はちょっとずつ、制限していた食べ物を解禁していますが、いい状態をキープしています。

産後の急降下を想像すると、二人目はこわいと思っていましたが、これで安心できそうです。

妊娠〜産後の授乳期までも、安心して通えるのがとても嬉しいです。個人的には、白血球除去療法よりも効果があり、即効性、持続性があると思いました。

院長から一言院長から一言

罹患歴12年が懸念事項でしたが、早い段階から症状の改善がみられ、無事に寛解になれたこと、わたしも嬉しく思います。

女性のUC患者さまでは、妊娠、出産が発病のきっかけとなる方が多数いらっしゃいます。

妊娠中、出産直後は、飲める薬は限られてしまいますが、当院の施術方法では、出産直前まで、また、出産直後から治療が可能です。

なかなか改善しない症状から脱却するには、今までと違う角度、視点からおからだを診ることが肝要です。

院長から一言

潰瘍性大腸炎、罹患歴12年。漢方薬でも改善されなかった粘血便、下痢が改善され、排便のコントロールがきくようになりました!!

石井 泰雄 様 ( 30代・男性・会社員 )

私が潰瘍性大腸炎を発症したのが約12年前、19歳の時でした。当時、通っていた病院の治療では、症状は改善されなかったため、途中から病院での治療を中止し、漢方薬での治療に切り替えました。漢方薬が自分の体に合っていたのか、症状は改善され、そこから数年間は順調で、寛解状態が続いていました。

しかし、以前からも、仕事などで疲労がたまったりすると、一時的に粘液便や下痢など体調を崩すことが時折あったのですが、3年ほど前の28歳頃から、再びトイレの回数が増え、血便などの症状もあらわれ、体調が悪くなり再燃してしまいました。

漢方薬でも、一向に症状は改善されず、仕事にも影響するようになり悩んでいたところ、こちらの治療院と出会いました。先生が同じ病気ということで、相談もしやすく、安心感があり、ほんのわずかでも症状が緩和できれば、という気持ちで治療を受けてみようと思いました。

現在、週1回ペースで半年ほど通院していますが、1ヶ月ほど過ぎたあたりから、少しづつ血便や粘液の量、トイレの回数が減り、体調が良くなっていくのが分かりました。現在では、排便のコントロールがきくようになり、電車通勤時や仕事中にトイレに駆け込むこともなくなりました。

今後も体調維持、そして、より『普通の状態』に近づけるため、治療を継続したいと思います。

院長から一言院長から一言

ご来院当初の症状がきつく辛い時期でも、笑顔で明るく会話をしてくださった石井さん。

病に負けない前向きな姿勢と、この治療で良くするんだ、というプラスのイメージを持ちながら治療を続けて頂いたことが、今日の良い状態を作っています。

潰瘍性大腸炎の罹患歴が長くなり、再燃と寛解を繰り返していくと、以前は効いた薬が、ある時から効かなくなることがあります。

からだの状態や、周囲の環境は常に変化しています。「この症状にはこの薬」では、いつか限界がきます。

その都度、おからだの状態を観察し、からだが本来持っているチカラが出せるように、整えてあげることで、潰瘍性大腸炎の症状は改善していきます。

院長から一言

潰瘍性大腸炎。漢方を飲んでも改善しなかった切迫便意が改善しました!!

T.I 様 ( 40代・null・会社員 )

私が潰瘍性大腸炎(UC)を発症したのが4年半前。血便が続き、内視鏡を行ったところ、UCの疑いありの診断。もともと過敏性(腸症候群)も患っており、UCを甘く見ていました。

アサコールを処方され、服用後2週間で急激に悪化し入院。プレドニン、L-capなどの治療を行い、10日間で退院。アサコールも体質に合わないので、ペンタサに変更。3年以上治療を行いましたが、血便は少ないものの、しぶり腹、粘液便、痛み、切迫便意と軟便が治らず悩んでおりました。

そこで、一昨年より、漢方をはじめました。すぐにペンタサの服用はやめましたが、しぶり腹と痛みも消え、順調かとも思いましたが、切迫便意と軟便がなかなか治らず、悩んでおりました。

「症状が落ち着くのであれば」と思い、以前より興味のあった鍼について調べていたところ、たなうら治療院を発見しました。先生も同じ病であるという安心感で、治療を受ける決断をしました。

治療開始時は、10回通院しても改善しなければ、他の治療法を探すつもりでしたが、今でも通院しています。7〜8回目の治療より、体に変化があらわれ、便も切迫便意も少しずつですが、改善してきています。
これからもよろしくお願いします。

院長から一言院長から一言

切迫便意が改善されたこと、わたしも嬉しく思います。

潰瘍性大腸炎による切迫便意には、わたしも長年苦しんできました。いわゆる「便をガマンできない」状態は、就労や就学、日常生活に支障をもたらすと共に、精神的にも大きなダメージも被ります。

T.Iさんの場合は、漢方薬で取りきれなかった(改善できなかった)症状を、ハリ治療が補った形でしたが、この逆のケースもありますし、全く違うモノが功を奏するケースもあるでしょう。

どれを選んでも、症状が改善すれば、その人にはそれが正解ですが、自分が選んだ治療法に可能性を感じたのであれば、それをある程度続けてみてください。

それによって、その先に活路が開かれるのだと、わたしは思います。

院長から一言

潰瘍性大腸炎による腹痛と、トイレへの駆け込み。不安でいっぱいでしたが、2ヶ月程通った頃には、治ったのかと思うくらいの状態になりました!!

K.N 様 ( 30代・null・会社員 )

潰瘍性大腸炎と診断され、3カ月程経った頃からお世話になっています。朝晩の腹痛と、トイレへの駆け込みが特に辛く、昼間も腹痛はありましたが、職場の人に言いづらく、仕事中は我慢の日々でした。症状がそれほど重くならなかった為か、病院では薬を飲めばすぐに良くなると言われたにもかかわらず、なかなか軽減しないことに不安になり、薬以外の治療方法を探していました。

最初の2回くらいは、治療後2〜3日は胃腸の動きが活発になり、その後、すっと落ち着く、という感じでした。先生は、毎回、前回の治療後の様子を聞いて下さり、それを踏まえて治療して下さったので、極端な反応はその後はなくなりました。

週に1度のペースで2ヶ月程通った頃、腹痛はほぼなくなり、3カ月目には、治ったのかと思うくらい「普通」の状態に戻りました。

こちらに来るまでは、病気のことを話したり、相談できる人があまりいなかったり、自分でもどうしたら楽になるのかが分からず、不安でいっぱいでしたが、同じ病気の先生に出会い、お話を伺ったり、話を聞いて頂いたりして、気持ちの上でも救いになりました。

今の仕事が忙しくなると、症状が出ますが、「ここに来れば大丈夫」という場所ができたので、不安にならず、うまく病気と付き合っていけそうです。

これからもよろしくお願い致します。

院長から一言院長から一言

UC固有の腹痛と、頻回な急を要するトイレ。わたしも長年同じ経験をしましたので、辛さはよく分かります。そんなお辛い症状が改善できたこと、とても嬉しく思います。

K.Nさんは、潰瘍性大腸炎の確定診断後、すぐに治療を開始できたことが、大きなアドバンテージでした。

過労やストレスで体調に波があっても、日々、ケアをしていれば、そこからの回復も早くなります。

今後も、日常生活にある程度気をつけながら、定期的にケアをして、良い状態を保ちましょう!

院長から一言

潰瘍性大腸炎でステロイド(プレドニン)を内服しながら鍼治療を開始。再燃することなく、ステロイドからの離脱に成功しました!!

池内 恵介 様 ( 50代・null・自営業 )

昨年、夏に、潰瘍性大腸炎を発症し、40日間の入院生活を強いられました。全大腸型であったことから、大量のステロイド投与がされ、ステロイドは退院後も服用し続けました。ステロイドを減量すると、再燃の恐れがあるということを聞き、不安を感じていたときに、たまたま見かけたのが、当院のHPでした。

そこでは、ステロイド依存症回避のための鍼治療について、大変詳細かつ論理的な説明が展開されており、これは信用できるという思いを強く持ちました。もう一つ、そのHPで目を引いたのが、先生が潰瘍性大腸炎の患者だということでした。自分が患者だということは、病気への取り組み方が当然真剣になるだろうと予想できるからです。

以上を判断材料として、たなうら治療院を最初に訪れたのは、昨年9月中旬、退院後1ヶ月も経たないころです。通院をはじめて、自分の判断は間違っていなかったことを確信しました。

松坂先生は、想像していた以上に、潰瘍性大腸炎という病気について深い知識を持ち、西洋医学の治療の進行を踏まえて鍼をうってくれます。このことは大きな安心感を与えてくれました。

また、先生ご自身の体験や、他の患者さんの情報などを伝えて頂き(当たり前ですが、個人が特定できるような情報のお話は致しません)、ふさぎ込みがちな心を癒してもらい、精神的にも大いにプラスとなりました。

お陰様で、11月にはステロイドも切れ、年末年始も無事に寛解状態で過ごすことができました。

入院中は、何でこんな難病に罹ってしまったのか、と悩んでおりましたが、今ではちょっとした持病持ちになった程度の気分でいられるのも、たなうら治療院に通ったことが大きかったと思います。

これからも、寛解維持のための鍼治療は、ずっと続けていきたいと思っております。

院長から一言院長から一言

無事にステロイドから離脱ができ、寛解期を保てていること、わたしも嬉しく思います。

池内さんは、初診時より、こちらがご提案した頻度(最低、週に1回以上)の必要性をよくご理解頂き、定期的にご通院頂いたので、再燃することなく、ステロイドからの離脱が叶いました。

昨今では、若年層に限らず、ご年齢が高い方(40・50歳代)でも、潰瘍性大腸炎を発症する方が増えております。

当院での、潰瘍性大腸炎のハリ治療においては、「年齢・罹患歴」ともに若い方が改善率は高いのですが、ご年齢が高い方のアドバンテージは、病気への見識、時間・費用といった物理的な側面での融通だと思います。

ですので、ご年齢が高くして潰瘍性大腸炎を発症なさった方々も、是非、当院の潰瘍性大腸炎の治療をお試し頂きたく思います。

院長から一言

潰瘍性大腸炎。リンデロン坐薬とハリ治療の併用で、症状がなくなりました!!

S.T 様 ( 40代・null・会社員 )

潰瘍性大腸炎、直腸炎型、病変は7〜8cm程度です。発病は、14年前です。寛解期が2年と長かったのですが、今年の4月から、少しづつ悪くなり、こちらに伺う頃には、トイレに行きたくなる回数も、1日4〜5回くらいになっていました。

ペンタサは4錠から9錠/日に増えましたが、効いている気がしませんでした。リンデロン坐薬を出され、使いはじめていました。ステロイドは長く使いたくないと思っていました。

ホームページでこちらの治療院を拝見し、興味があったので、伺うことにしました。

7月後半より、手の針を週一回と、自宅でのお灸を毎日。リンデロンの開始時期と、こちらの針治療の開始が重なったため、針がすごく効いて・・・とも言いにくいのですが、症状が無くなったため、治療は月に2回(2週間に1回)となりました。

お灸は毎日続けておりますが、リンデロンは現在使っておりません。お灸は毎日、針治療はメンテナンスとして、続けていきたいと思います。

以前、リンデロンを長く使ったこともありますから、針治療は私の体に合っていたのだと思います。

院長から一言院長から一言

増悪してしまった症状が、再び寛解できたこと、わたしも嬉しく思います。

経験則として、ステロイド剤を使用しながら、ハリ治療を行うメリットは、早期の症状回復と、ステロイド剤からの円滑な離脱です。

ハリ治療を行うことで、ステロイド剤の副作用を軽減させる効果も望めます。

お腹の症状以外の、貧血や不眠、疲労感や関節の痛みなどの全身症状の改善にも、ハリ治療では対応が可能です。

ステロイド剤の減薬と、症状の再燃を繰り返してきた方には、是非ともハリ治療の併用をおすすめ致します。

院長から一言