患者様の声 (潰瘍性大腸炎)

当院をご利用された患者様よりお喜びの声を多数いただきました。

さまざまなお辛い症状が改善された方、ご利用者様からの紹介・口コミで評判を聞いてご来院された方、当サイトよりご来院くださいった方など、100件を超える体験談・感想をいただいております。

それぞれ症状別に掲載しておりますので是非ご覧ください。

 

アンケートにご協力頂きました患者様には、改めて御礼申し上げます。

※患者さまの個人情報となりますので、ご本人に承諾を得たうえで掲載させて頂いております。また、お名前に関しましては、各患者さまに任意にご記入頂いております。

潰瘍性大腸炎。症状が軽くなりトイレに駆け込む事が無くなりました!

R.K 様 ( 20代・女性・自営業 )

今年の春からお腹の調子が悪く血便が続き病院へ行ったところ、潰瘍性大腸炎と診断を受けました。

原因不明の病気で、難病指定されており、お医者様にも一度なったら治らないため一生付きあっていかなくてはならないと言われ、とてもショックでした。

インターネットなどで調べてみると、重症の場合ステロイドを服用しなくてはならないらしく副作用も重いようで不安な気持ちでいました。

やはり女性として生まれてきたのなら、この先、結婚・出産もしたいので、なんとか薬に依存せずに治療する方法はないのかと思っていました。

そんな中、母が探して見つけてきてくれたのが、たなうら治療院でした。鍼治療は初めてでしたが、母に勧められるがまま通い始めました。

診断を受けたばかりの頃は、トイレにかけこむことも多くありましたが、通院しているうちにそのようなことは全く無くなりました。

症状も少しずつ軽くなっているように感じますし、このまま良い方向へむかえばいいなと思っています。

先生ご自身も同じ病気になった経験がおありで、患者の気持ちがわかると思うと、安心して相談も出来ます。また、いつも楽しくおしゃべりしながら治療を受けており、気分転換にもなっています。

いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

院長から一言院長から一言

「薬に依存せず、潰瘍性大腸炎を改善させたい」R.Kさんとお母さんの願いが叶い、私も嬉しく思います。

「難病」という言葉に、ショックと恐怖を感じてしまいますが、原因不明=改善策がない訳ではありません。大腸にとらわれず、他の臓器や器官、細胞や血液、リンパ液、ホルモンや脳のバランスという様に、人間を一つの繋がりで捉えると、潰瘍性大腸炎の症状改善の突破口が開けてきます。

院長から一言

潰瘍性大腸炎による粘血便と、酷い生理痛がなくなり、心も体もとても楽になりました!!

M 様 ( 40代・女性・パート )

私は粘血便が出たため病院へ行ったところ、潰瘍性大腸炎と診断されました。

普段から便秘で、生理痛の時の下痢や腹痛はありましたが、ペンタサなどを処方されても、副作用のことなどが気になり、服用するのに抵抗があったため、漢方薬を飲んだりしていました。

それでも、年に何回か、粘血便や激痛の下痢などがあり、不安だったため調べていたら、たなうら治療院のHPを見つけました。

先生に治療をしていただくと、お通じもよくなり、粘血便もおさまります。

今では、酷い生理痛もなくなり、心も体もとても楽になりました。

これからもよろしくお願いいたします。

院長から一言院長から一言

潰瘍性大腸炎を治療するにあたって、女性の場合は、子宮や卵巣といった婦人科臓器との関わりを必ず考えます。

どちらも骨盤内にある臓器なので、それぞれの位置関係や動きが、各々の機能に影響を及ぼしあいます。

ですので、「潰瘍性大腸炎の治療」「生理痛の治療」と分けるのではなく、骨盤内の状態を良くするように治療をしていきます。

『木を見て森を見ず』では、症状の根本解決には至りません。

院長から一言

潰瘍性大腸炎に伴う激しい腹痛。4回治療したところで嘘のように良くなりました!!

エバラ ユウコ 様 ( 30代・女性・会社員 )

私はUCを発症してから、もう8年位になります。初めは軽症と言われたものの、トイレの回数だけは重症並みで、初回は入院しました。

その後も、再燃と寛解を繰り返し、一度、半年以上再燃が続いた時に、以前、皮膚の病気でお世話になった漢方の先生に相談し、劇的に良くなりました。

それからの再燃は、ひどくなると漢方に頼るという風に乗り切っていましたが、効くまでの期間や処方される薬は毎回異なりました。

今回(2016年)の再燃時も、漢方の先生に相談して処方してもらいましたが、今回はいつもの再燃時の不快な症状に加え、強い腹痛が特徴でした。

しかも、漢方の効きがイマイチで、いつもなら1ヶ月以上様子を見たかもしれないのですが、痛みが私から正気を奪っていき、心身ともに弱ってしまいました。

そんな時、地元三茶にUCをたくさん治療しているところがあると知り、助けを求めることにしました。

皆さんおっしゃるように、UCはなった人にしか分からない辛さがあります。

突然にお腹が痛くなったり、荒れた粘膜から粘液が流れ出てきてしまったり、男女問わず、とてもとても苦しいものです。

外見からは分かりにくい為、苦しんでいることを分かってもらえない辛さもあります。そういう病気だからこそ、松坂さんのHP上の「なった者にしか分からない辛さ」の描写に、とても親近感を覚えました。

そうでなければ、たなうら治療院に行くことはなかったかもしれません。

「あなたに何が分かるの?」と、荒んだ気持ちになりがちな再燃時に、同病の松坂さんに相談できることは心強かったです。

元々ネガティブ思考な上に、痛みでさらにネガティブになっていましたが、松坂さんは「必ずよくなりますから」とおっしゃっていました。

私も、8回位はやってみないと、と覚悟をしていましたが、実際には、4回通ったところで劇的な変化(トイレ回数が1日で8回→1,2回)が現れました。

痛みがなくなると気持ちが一気に明るくなり、同世代の松坂さんとは、色々と話も弾むようになりました。

それからは、嘘のように寛解してしまいました。

必ず再燃はあると思いますが、漢方と鍼という全身を整える方法に出会えたことは、大きな安心になりました。(漢方の先生にも鍼のことは話しています)

UCだけでなく、生理に関する悩みや他の不調についても対応できるところがいいと思っています。

松坂さんには、これからも駆け込み寺的存在でいて欲しいと思っています。

院長から一言院長から一言

寛解できたこと、わたしもとても嬉しく思います。

「あなたに何が分かるの?」エバラさんと同じ気持ちを、わたしも幾度となく覚えました。そして、いまは「わたしも分かるよ」と言って差し上げることができる。それが、わたしの存在理由だと思っております。

何度でも言います。病院の治療だけが全てではありません。視点を変えてみれば、新たな可能性が見えてきます。治らないのは難病だからではありません。あなたが諦めた瞬間に、治らなくなるのです。

院長から一言

潰瘍性大腸炎により危ぶまれた修学旅行。無事に行くことができました!!

N 様 ( 10代・女性・学生 )

娘が血便、下痢等の症状が続き病院へ。検査や診断の結果、潰瘍性大腸炎とわかりました。薬で落ち着きましたが、一年くらいで又再燃。注腸薬や坐薬を使用して落ち着きましたが、それから又再燃。

そんな中、ネットで「たなうら治療院」のHPを見つけ、すぐに電話をしました。先生はお話を熱心に聞いてくださり、心からホッとしたのを覚えております。

そして、学校の泊まりがけの旅行があり、とても不安でしたが、先生はそれに向けて治療をしてくださいました。結果、体調も悪くならずに帰ってくる事ができ、先生には心から感謝しております。

現在では、飲み薬と坐薬で落ち着いております。坐薬の回数も減らしていくと思いますが、これからも先生の治療を受けさせて頂き、無理のない生活をしていきたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

院長から一言院長から一言

懸念されていた旅行が無事に終えられたこと、わたしも嬉しかったです。

自分の子供が「難病」と宣告された時の衝撃。悲しさ、辛さ、不安、絶望。わたしにも娘がおりますので、その親の気持ちは、痛いほどよく分かります。

また、わたし自身が潰瘍性大腸炎を発症したのが17歳の時でしたので、そんな親を見る子供の気持ちも、我が身で経験してきました。一人で、家族だけで悩まず、当院へご相談ください。

「難病」は「難しい」だけで、「不治」ではありません。

難病治療に必要なことは、病院とは違った視点でからだを捉え、症状や病名にとらわれないアプローチを施すことです。

山頂までのルートがいくつもあるように、からだを治療する哲学、方法も多種あります。「難病を軟病に」そんな思いで当院では治療を行っております。

院長から一言

出産後、急激に潰瘍性大腸炎が悪化。たなうら治療院での治療で、体調はみるみる良くなり、今ではほとんど薬を使っていません!!

K.Y 様 ( 30代・女性・主婦 )

私は約11年前に、潰瘍性大腸炎になりました。診断当初は妊娠を考えていた為、処方されたステロイドを服用するのに強い抵抗があり、薬を服用せずに本やネット情報を得て、様々な療法を試してきました。

幸いにも、体調は当初よりも悪化はせずとも、良くなったり悪くなったりを繰り返してきました。

その後、主人の転勤で韓国に駐在することになり、この高麗手指鍼療法を知りました。韓国では広く知られる療法ですが、私の知る限り治療院はなく、高麗手指鍼協会にて先生からやり方を聞いて、自宅にて見よう見真似で行っておりました。

その後、日本に帰国し、第2子出産後に体調が急激に悪化しました。それまで頑なに拒否していた薬を初めて使ったのもその頃でした。と同時に、韓国にいた頃、協会の方から日本の医療関係者と交流があることを聞いていたので、ネットで検索し、こちらの『たなうら治療院』を知ることができました。

先生も同じ病気を患われ、高麗手指鍼療法を取り入れられている事にとても運命的なものを感じ、すぐに予約のお電話をした事を覚えています。

韓国でこの療法の効果がある事は実感していましたが、『たなうら治療院』で行う治療は、私が自己流で行っていたものとは全く比べようにならない程とても効果的で速効性があると実感しております。お陰様で体調もみるみる良くなり、今ではほとんど薬を使っていません。

先生は病気の事はもちろん、とても見識の広い方なので、治療中のお話を聞いているだけでもとても勉強になります。

あまりに体調が良くて病気の事を忘れてしまい、つい暴飲暴食や夜更かしなどをして調子を崩すことがあるので、今後は気をつけていきたいと思っています。これからもこの調子を維持すべく、通院していきたいと考えておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

院長から一言院長から一言

寛解導入ができたこと、わたしも嬉しく思います。

からだが本来持つ流れやチカラ。治療によって、これがしっかり出せる状態にできれば、突然増悪することはまずありません。

多少の無茶をしても、症状が少し出る位の「さざ波」程度の変化で済みます。

大腸のみにフォーカスするのではなく、その方のお体全体を診て、本来あるべき状態に整える治療だからこそ、これが可能になるのです。

体調の急降下をなくし、お腹の黄色信号にすぐに気がつける。この状態に導き、維持することが、当院での潰瘍性大腸炎治療の目指すところです。

院長から一言

潰瘍性大腸炎。寛解を維持しております!!

A子 様 ( 50代・女性・会社員 )

私は約15年前に潰瘍性大腸炎を発症しました。

下痢、血便、腹痛が続き、病院へ行き、聞いた事のない病名にすごく不安になりました。

仕事はしばらくお休み、自宅で静養をしながら、ペンタサを一日9錠、ステロイド飲用、注腸し、少しずつ症状は落ち着いてきましたが、副作用によるムーンフェイスで、顔がまんまるになってしまいました。

その顔を見て、精神的に落ち込んだのを覚えています。

仕事で疲れがたまったり、猛暑が続き、冷たい物をとり過ぎて体調を崩したりすると、又、再燃するのではないかと心配になり、インターネットのHPで「たなうら治療院」の事を知り、すぐに予約をしました。

手指鍼による施術は初めてだったので不安でしたが、先生の気さくなお人柄や、色々なお話を伺ったりして、施術後は体も気持ちもすごく元気になります。

寛解期が約13年続いていますが、ペンタサを一日4錠飲用し、お灸をし、体を冷やさない様に心掛けたいと思います。先生、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

院長から一言院長から一言

潰瘍性大腸炎は軽症ながら、大腸粘膜に異形上皮があるとのことでご相談を受け、2014年夏より、施術を開始しました。

治療を開始して、1年数ヶ月が経ちましたが、潰瘍性大腸炎は寛解を維持し、異形上皮部の増殖・拡大もなく安定しております。

「難病」や「難治」という言葉にビビッてしまいますが、からだの流れを整え、良い状態をキープできれば、そんな言葉は何ら怖くありません。

怖いこと、もったいないことは、自身で限界をつくり、諦めてしまうこと。わたしはそう思っております

院長から一言

最初は抵抗があった針治療でしたが、体調が良くなり、心身ともに楽になりました!!

千田 遼太郞 様 ( 10代・男性・学生 )

針治療と聞いて、最初は少し抵抗がありました。針治療は痛いものと思っていたからです。

たしかに、初めての治療では、かなり痛かったですが、先生の丁寧な施術もあり、回数を重ねるごとに、だんだん慣れていき、今では全然苦ではなくなりました。

また、体調がだんだんと良くなっていくのを感じ、自分の悩みなどにも、相談に乗っていただき、心身ともに楽になっていきました。

今では、たなうら治療院に行くのが一つの楽しみです。これからもよろしくお願いします。

院長から一言院長から一言

治療開始後、数ヶ月は、体調にも波があり、精神的にも辛い期間がありました。

17歳で発症した難病。まさに、過去の自分を見ているようでした。

学業や将来への不安が大きく膨らむなか、慣れない治療に一生懸命通ってくれた千田さん。本当によく頑張りましたね。

目標を見据えた力のあるイイ表情で、志望する大学の話をされる姿を拝見して、とても嬉しく、頼もしく感じます。

志望校が母校に変わるその日まで、再燃することのないよう、良い状態を維持していきましょう!

院長から一言

潰瘍性大腸炎による1年以上も止まらない下血がおさまり、寛解しました!!再燃の兆候もありません!!

露木 様 ( 20代・null )

私が潰瘍性大腸炎を発症したのは、約7年前、20歳の誕生日を迎えた頃でした。最初に下血があった時は、「いずれ治るだろう。」とそこまで深刻には考えていませんでしたが、1週間以上経っても下血が治まらず、悩みになやんで両親に打ち明けたところ、深夜にも関わらず、市内で一番大きな共済病院に連れていかれたのを今でも覚えています。

医師の診断は、潰瘍性大腸炎の直腸炎型の軽症で、「一生治らない病気です。」と言われましたが、通院することで症状をコントロールすることは可能と言われ、大学卒業までの間は、共済病院に通院していましたが、社会人になり、日常的に通院できるように、土日も開院しているクリニックに変えました。

最初は、症状が再燃しても、ペンタサを服用し、1ヶ月ほどで寛解に至っておりましたが、月日が経つに連れて、徐々に寛解するまでの期間が長くなりました。服用する薬の量も増えていき、ペンタサ、ペンタサ注腸の他にも、体に負担のかかるステロイド剤のプレドニン、リンデロン坐薬を使用し、副作用の影響でムーンフェイスになりながらも、再燃と寛解を繰り返していましたが、しばらくして薬もあまり効かなくなり、1年以上も下血が止まらない状態となってしまいました。

担当医からは、「この状態が続くようでは、大きな病院に移ってもらうしかない。」と言われ、大きな病院に移り、仕事に影響が出ることを恐れた私は、クリニックに通わなくなり、薬を服用することも止めました。それからは、薬に頼らず、体に負担のかからない治療方法を探し、HPで「たなうら治療院」を見つけました。

家からは少し距離があり、近くの鍼灸院と迷ったのですが、「潰瘍性大腸炎の治療実績」「先生本人も同じ病気であること」が決め手となりました。

治療してから半年ほどで、1年以上も止まらなかった下血がおさまり、寛解しております。

現在は、寛解してから3ヶ月ほどになりますが、再燃する兆候もありません。

今後も寛解維持のため、たなうら治療院に通いたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

院長から一言院長から一言

アンケートを拝読して、わたしも内科で闘病していた若かりし日を思い出しました。お辛い時期を脱し、寛解できたこと、わたしもとても嬉しく思います。

効いているのか分からず飲み続ける薬、副作用の強い薬。いっその事、今すぐ止めたくなりますよね。

そのお気持ち、とっても良く分かります。

しかし、急激な減薬は、体に大きな負担となることがあります。

焦らなくても大丈夫です。カラダの流れを見極め、ヒトが持つ本来のチカラを引き出す状態にしてあげれば、余分な薬は、自ずと必要なくなります。その状態へ導くための治療法が、当院にはあります。

院長から一言