患者様の声

原因不明の視力低下!一生メガネと言われた状態から、視力が1.5まで回復しました!!

森 ひかる 様 ( 10代・小学生 )

ぼくは年長から目がねをかけていました。

小学校3年生のとき、友だちの目がねがはづれて、ぼくも、とりたいと思いました。

そこで、たなうら先生のところで、何かわからないけれど治りょうをうけました。

目には見えないし、あやしいなと思いながら、ただぼくは横になっているだけでした。

2回治りょうをうけにいったら色いろなものが、めがねなしでみえるようになりました。

大空を飛ぶ鳥が大すきで、自分の目でみられるようになりうれしかったです。

治りょうをうけたあとは体がすごくだるかったりしましたが、治りょうをうけてよかったです。

院長から一言院長から一言

ひかるくん、素敵な感想文をありがとう!

目が良く見えるようになって、先生もとっても嬉しいです^^

 

ひかるくんは、5才の時、左目は弱視、右目は近視と診断され、それ以来メガネ着用の生活を送っていました。眼科にて、視力低下の原因は不明。

治療法、視力向上の方法もなし、という事でした。

初診時、まず問題として出たのが、「家族間のトラブル」

その影響で視力に障害が出る。詳細は割愛しますが、視力のトラブルの原因は、事故でもケガでもなく、細菌やウイルス感染でもない。目に見えない、数値・画像では発見できないモノ。

そこにアプローチをすることで、失われた視力は劇的に改善します。

ちなみに、4月(当院での治療5回終了)に受診した眼科で受けた視力検査では、両目の視力が1.5まで回復していたとの事です。

目や耳、鼻、口などの感覚器は、目に見えないモノの影響を多分に受ける器官です。「治らない」と諦める前に、視点を変えてみてみると、本当の原因と改善の方法が見えてくるかもしれません。

院長から一言