患者様の声

慢性的な身体の不調が、2回の施術で驚くほど楽になりました!!

G.M 様 ( 30代・休業中 )

長年、慢性的な身体の不調に苦しみ、2016年末からはパニック発作と全般性不安障害に襲われました。

食欲が全くなくなり、水を飲み込むのもつらく、激しい動悸とめまいで外出も困難になった中、たどりつくのもやっとの状態で来院しました。

松坂先生から左側の副腎や頭がい骨の問題を伝えられ、ソフトな施術を受けたところ、1回目で食欲が出てきて、2回目の施術の後は家に帰る道のりが驚くほど楽に感じられ不調だったことを、いつの間にか忘れていたくらいです。

松坂先生には「やると良い事」「やらない方が安全な事」等をとてもわかりやすくハッキリと指導してくださるので、様々な健康情報や知識に囚われがちな自分にとっては、それがとっても頭と心が楽になりました。ムダな力が抜けてきたんだと思います。

どんどん身体が丈夫さを取り戻している実感があり、今は外出を楽しむ事もできるので毎日が充実しています。

より根本的な体質の改善を目指して、今後も先生の力をお借りしながら取り組んで行きたいと思います。

院長から一言院長から一言

真面目で身体のことについて勉強熱心なG.Mさん。勤勉すぎるあまり、溢れる情報に飲まれ、頭もカラダもいっぱいいっぱいでのご来院でした。副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)と呼ばれる状態ですね。固まった頭の骨を柔らかくし、緊張でこわばった膜を緩めてあげると、呼吸が楽になり、食欲や睡眠も改善されます。G.Mさんのように、不調の原因が「情報(のうっ滞)」にある方は、現代ではとても多くいらっしゃいます。病院では原因のわからない、治療方法のない状態でも、視点を変えれば、改善の糸口はたくさん見えてきます。

院長から一言