患者様の声

クローン病による腹痛と下痢がなくなり、前向きに過ごせるようになりました!!

症状: クローン病
中川 豪 様 ( 30代・男性・建設業 )

私は半年程、下痢の症状に悩み、病院へ行き、クローン病と診断を受けました。クローン病と聞いた時は、何だか分からず、色々と調べて、初めて完治しない病だと理解をしたと同時に、不安とどうして自分が、という思いで中々気持ちが前を向けない日々が続いておりました。

インターネットで色々調べていると、不安な事ばかりに目がいき、どこの病院に行けば良いのか?何の治療を行えば良いのか?と不安が募るばかりでした。

たなうら治療院の事を知って、一番最初に治療を受けた日の夜、自分の体の変化に気付きました。前日までの腹痛と便が、劇的に良くなったのです。正直、自分でも驚き、これは完治したんじゃないか、と思う程でした。それからは、定期的に治療を受けさせて頂き、今では安定した状態が続いています。

また、先生もとても親身になって、治療以外の相談にも乗って頂き、私のクローン病に対しての心の持ち方や、私生活での注意する事等、精神的にも助けられている事が多く、今では不安な気持ちは消え、前を向いて毎日を過ごせています。

正に “カラダってこんなに変わるんだ” という感じです。

院長から一言院長から一言

クローン病のお辛い症状が改善できたこと、わたしも嬉しく思います。

わたしも潰瘍性大腸炎の経験者ですので、難病を告知され、病気の詳しい実態を知った時の不安と悲しみは、十二分に理解できます。

中川さんの場合は、確定診断後すぐにハリ治療を開始できた事が、大きな強みでした。罹患歴が短ければ、ハリ治療の効果も上がります。

クローン病は、潰瘍性大腸炎同様に完治のない難しい病気ですが、お食事や過労に気をつけながら、お体のケアに手指鍼療法を取り入れていけば、良い状態へ導き、維持することは可能です。

院長から一言