院長ブログ -ときどきタカオさん-

これがあの有名な!?

こんにちわ タカオさんです。

 

7月になって、急激に気温が上がって

 

夏になったなぁ

 

と実感する日々が続いています。

 

皆様、体調崩したりしてませんか?

 

私は崩しました(´Д`;)ヾ

 

 

それは6月の終わりの週。

 

 

カラダが怠くて怠くて、何となく頭も痛い日があったり

 

何をするにも

 

「えいや!」

 

と気合いを入れないと始まらないといった感じです。

 

次に治療の予約を入れていたのが7月の初めだったので

 

治療を受ければ良くなるハズだ

 

暫くガマン ガマン

 

 

 

 

 

そうして、迎えた治療の日。

 

「今週はカクカクしかじかで…とっても調子が悪く…」

 

と松坂先生に症状を伝えると

 

「でしょうねぇ…かなりカラダが捻れていますよ」

 

ということで治療がスタート。

 

 

先生が腰のあたりに「手あて」をし始めると、

 

首の辺りの緊張が「ふわっと」解けていくのが明確に分かりました。

 

 

治療するまで気づくことも出来なかった「こわばり」

 

治療されて初めて「かなり悪くなっていたんだ」と気づく。

 

そんな感じでした。

 

 

そんな治療中にふと先生から質問が

 

「これ、何が原因かわかります?」

 

ん~~… 特別なにか明確に体調が悪くなるような事はした覚えが無い。

 

「なにが原因ですか?」

 

と聞き返すと、思いも寄らない返答が!

 

「これ、完全に熱中症ですよ!」

 

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!????」

 

熱中症って、もっとこう

 

  • 急性で
  • 脱水症状の時のような
  • 全身怠くなって動けなくなって
  • 頭がガンガンして

 

そんなものだと思っていました。

 

でも、よくよく考えると、思っていたのと程度の差はあれど

 

全身怠くて、頭が痛い

 

ここは合致しています。なるほど…

 

先生が仰るには

 

「名称は有名で注意喚起も盛んにされていますけど

自分で経験しないと、それが熱中症だとは自覚しにくいんですよね」

 

 

ごもっとも!(>_<)

 

 

 

その日の治療後は、

 

あまりにも急激に良くなったためか

 

熱中症で体力が落ちていたのもあってか

 

カラダは非常にスッキリしているのに、5kmくらい走ってきたかのような脱力感。

 

「熱中症は水分補給が大事ですから!」

 

と、早速治療後にウォーターサーバーから水を頂きました。

 

正直美味しい!

 

カラダが欲しているってことでしょう。

 

水を飲んだら少し、脱力感も収まりました。

 

その後は、念のため10分くらい一休みさせて貰ってから治療院を後にしました。

 

 


うちは母が冷房に非常に弱く、また風通しの良いこともあり、

 

クーラーを殆ど使わない生活を続けてきました。

 

流石に、ここ数年の猛暑続きで利用頻度も上がりはしましたが

 

根底に「クーラーを入れるのは特別」って意識が残ってしまっています。

 

 

しかし、部屋にあるのに利用せずに体調を悪くして

 

結果的に、時間も無駄にしてしまっては本末転倒。

 

近年のクーラーは省エネ化も進んで、8時間付けても日に100円以下ですみますし

 

 

 

今回、松坂先生に「熱中症です!」とシッカリ原因を教わったことで

 

やっと「クーラー入れるのが当たり前」と意識を変える事が出来そうです。

 

こういった日常的な部分にも、的確なアドバイスや「気づき」を頂ける

 

これも、たなうら治療院の良いところですよね。

 

 

 

まぁ、うちみたいなクーラーの使い方している家は

 

かなりのレアケースだとは思いますが(苦笑)

 

 

皆様も、水分補給とクーラーを上手く使って熱中症には注意して下さい!

 

 

 

ってな事を、昔はでんこちゃんが言ってたよなぁ…とか言うと歳がバレますね。